News Releases

突発的なトラブルで旅行を中止した際の取消費用を補償する チャブ保険の『旅のキャンセル保険』金融庁の認可を11月19日に取得 
Dec 7, 2018

Chubb損害保険株式会社〔本社: 東京都品川区、代表取締役社長 兼CEO: ブラッド・ベネット、以下「チャブ保険」〕は、『旅のキャンセル保険』(正式名称:ネット専用旅行関連サービス取消費用補償保険)の商品認可を11月19日に金融庁より取得しました。

本保険商品は、「企画旅行」「航空券等の交通手段」「ホテル等の宿泊施設」「レンタカー」などのオンライン旅行商品を購入したものの、突発的な事由によりやむを得ず旅行をキャンセルした場合、お客様がお支払いした旅行代金全額が補償対象となるものです。

『旅のキャンセル保険』は、オンライン旅行商品と同時に購入することができ、補償額は旅行代金や航空券代金の総額で自動設定されます。また、従来の海外旅行保険の特約(旅行変更費用補償特約等)とは異なり単体での購入が可能であり、2019年2月以降、エボラブルアジア社、エアプラス社、アドベンチャー社のオンラインサイトにて順次販売を開始する予定です。

本商品担当の旅行保険本部 旅行保険営業部長 河下友昭は次のようにコメントしています。
「オンライン予約など旅行サイトが普及し、旅行マーケットの事業構造は近年急激に変化しています。LCC(ローコストキャリア)の浸透、航空運賃の自由化、ダイナミックパッケージ(交通手段とホテルなどの宿泊施設を所定の範囲内で自由に選択する旅行商品)など、旅行者ひとりひとり一個人の好みに合わせた利用が拡大し、旅行を中止した際の取消規定は厳格かつ複雑化しています。本商品と同種の保険商品はすでに欧米で浸透しており、今回、グローバルで展開するチャブ グループでの引受実績を活用し、日本で利用するお客様に向けた商品を開発しました。旅行キャンセルを巡るトラブルを未然に防ぐ一助となり、安心して旅行計画を立てていただければ幸いです。」

『旅のキャンセル保険』 商品概要

【販売対象】                 

特定のオンラインサイトで旅行商品を購入した方

【補償額】                    

旅行代金全額

【保険料の目安】        

旅行商品を「企画旅行等」「航空券等」「宿泊」「レンタカー」の4区分に分類し、それぞれの区分に対応する保険料率(2%~7%程度)を旅行代金に乗じて保険料を算出

例:5万円の航空券を購入した場合の保険料は約3千円

【補償の対象となる主な取消事由】               

本人・配偶者または親族の死亡・危篤/医師の指示による旅行中止/配偶者または1親等以内の親族の看護・介護/居住する建物の火災等(100万円以上の損害が生じた場合)/空港までの交通機関の1 時間超の遅延/宿泊先施設の火災/旅行先での地震・噴火・津波(海外旅行のみ)/旅行先での戦争・テロ行為(海外旅行のみ)/旅行先での自然災害による官公署からの避難指示/飼い犬・飼い猫の死亡・危篤/パスポートの盗難(海外旅行のみ)

 

本保険商品の詳細/契約のご締結など、商品に関するお客様からのお問い合わせ
Chubb損害保険株式会社
旅行保険本部  
河下: 03-6364- 7060 tomoaki.kawashita@chubb.com
 

報道関係者からのお問い合わせ
Chubb損害保険株式会社
マーケティング&コミュニケーション部
木村: 050-3164-8124   japancomms@chubb.com

 

チャブ保険について             
チャブ保険は、チャブ・グループのグローバルなネットワークをもとに、多様なお客様に対し火災保険、傷害保険、自動車保険、旅行保険などを提供しています。日本での実績は、前身会社を含め外資系損保会社としては最長の98年におよびます。米国格付機関スタンダード&プアーズ社からは、保険財務力および発行体格付けともに「A+」(2018年11月末時点)の評価を受けています。また、ソルベンシー・マージン比率は1,588.6%(2018年3月末時点)です。
チャブ保険はチャブ・グループの100%子会社です。チャブ・グループは、54ヵ国で事業を展開し約30,000名の従業員を擁する世界最大級の損害保険会社です。
チャブ・グループの詳しい情報はwww.chubb.com/jpをご覧ください。

 


print email rss